ナニモノブログ

大学卒業が半年後にせまるも、就職も決まっておらず、何をしたいのかもわからず日々悩む大学生がとりあえずブログを始めてみました。

学生のうちに飲食店のバイトを一度はやってみてほしい

f:id:gennosuke0:20181016191135j:plain

みなさん、こんにちは。
飲食店のバイト、みなさん経験ありますか?
例をあげると、ファミレス、居酒屋、定食屋、いろいろありますよね。

 

私は大学3年のときに居酒屋バイトをしていました。その中でいろいろと思うことがあったので、今回はそれについて書いていこうと思います。

 

 

 

 

飲食店のバイトで学べること

  • 接客ができるようになる

飲食店といえばホールでの仕事が多いですよね。
お客の注文を聞き、それをキッチンに伝え、料理ができたらそれをテーブルに運ぶ。最初のうちはお客さんへの言葉遣いだったり、緊張してしまってうまく話せない方もいると思います。コミュ障の人だったらなおさら。

 

でも次第に慣れてくるんです。私も最初はおどおどして注文をとっていて、お客さんに「大丈夫?」
と心配されることもありました。そんな私でもなんとかお客さんと楽しく会話もできるようになったので、まず経験だと思って始めてみるのも良いかと思います。

 

接客スキルというのは、経験しないと身に付きません。そして必ず役に立つスキルですので、やってみて損はないです。

 

 

  • 要領が良くなる

飲食店というのは、時間との勝負です。特にチェーン店などは、回転率を意識しなければなりませんから、最初のうちはなかなか苦労します。まあ回転率をよくしたいのは経営側の意見ですが。

 

私の働いていた居酒屋は、個人経営だったので、チェーン店ほどお客が代わる代わるする店ではないのですが、それでもホールが少なかったのでかなり忙しく動かなければなりませんでした。

 

最初のうちは注文とりにいく間にまた他の席で注文、ドリンクを作っている間に注文、電話予約、お通しの準備、洗い物がたまる。といったサイクルでどんどん仕事がたまっていき、頭の中は常に混乱状態。店長にももっと急いで!と怒られもう嫌だ!と投げ出したくなりそうでした。

 

慣れるのには時間がかかりますが、やっているうちに仕事の要領がわかってきます。また、基本的にホール1人だけではないので、その人と役割を分担したり、もう一人に任せたほうが良いときはその人に頼んだり。 
少しずつどうすれば仕事が早く終わるのか、わかっていきます。

 

将来会社に就けば、こんな感じで最初は頭が混乱しそうですが、慣れと、要領をつかめば、必ず仕事は早くなります。

 

  • 自分がお客として行ったときの対応が変わる

ぶっちゃけていうと、一番今日伝えたいことはこれなんです。
自分がお客として行ったときの対応です。
飲食店のバイトを経験していると、飲食店の大変さがわかります。だから、飲食店の店員に対して優しくなれるんです笑

 

注文と違ったドリンクが来てしまったりとかたまにあるんですけど、今忙しいからしょうがないね、自分もよくあったなあとかで簡単に許せちゃいます。
あと店を出るときはごちそうさまでした、とかありがとうございました、とか必ず言うようになりました。自分が居酒屋で働いていたときに、こういう一言がバイトの疲れを少し和らげてくれたのを知っているからです。

 

たまに飲食店で迷惑な客とかいるんですけど、そういう客を見ると、この人飲食店で
働いたことないんだろうなあとか思っちゃいます笑
だからみなさん一度は飲食店でバイトしてみてください。ずっと続けてほしいとは言いません。
そうすればきっと人として、少し優しくなれます。

 

 

飲食店のバイトで大変だったこと

さて、これからは飲食店で大変だったことを書いていきます。

 

  • 常に人の目がある

飲食店のホールはお客がいる限り、常に人に見られている状態です。
気にならない人も中にはいるとは思いますが、結構疲れるものです。
別に人の目があるからといって悪いことをしようとしているわけではなく、見られて
いるという自覚だけでも精神的には疲れていくものです。

 

  • 慣れるまでが大変

次に慣れるまでが大変。先ほども書きましたが、とにかく要領がわかるまではとても大変です。これは飲食店だけではありませんが、自分がしたことのないことというのは本当に疲れますし、大変です。
接客なども初めのうちは言葉遣いが変になってしまうこともありますし、自分がやっている仕事の最中にいろいろなことを頼まれると頭が混乱します。これが飲食店のバイトで一番大変だったと思います。

 

  • 体調不良

これは人によりけりです。私は立ちっぱなしの作業で足の裏が痛くなり、それでか
なり苦労しました。病気ってほどではなかったのでなんとか痛みに耐えながら作業
しましたが。
いっしょに働いている女性スタッフの方は洗い物で手荒れがひどくなり、途中から
は手袋で作業していました。また、働きすぎで、体調を崩したこともありましたね。
ですから、できればちゃんとシフトに融通がきくところで、自分のできる範囲で
働かせてくれるところを選んだほうが良いと思います。

 

おすすめの飲食店バイト

最後に自分が思うおすすめの飲食店バイトの条件なんかを。
シフトに融通がきくこと。これが絶対条件だと思います。
人が足りない、急募!みたいなとこはやめたほうがいいです。
私の周りでも、居酒屋やコーヒーチェーンで働かされすぎて、扶養から外れそうみたい
な話を聞いたことがあります。
そうなってしまうのは人が少なすぎるからで、店側としては店を閉めるわけにはいかな
いので、そういうことになってしまうのです。特に大学生は時間があると思われがちな
ので、気をつけてください。あと断りきれない気の弱い人は注意です。

 

自分の経験を押すようであれなのですが、個人経営の居酒屋は結構アリです。
チェーン店のようにめまぐるしく客が入れ替わるわけではないので、比較的ゆっくり
仕事を覚えられますのでおすすめです。あとおいしい賄いも・・・
私の周りでも同じようなところで働いている人がいたのですが、悪い評判は聞きません
でした。「個人経営」というところがいいのかもしれませんね。

 

 

いかがだったでしょうか。飲食店バイトは大変なこともありますが、一度経験しておい
て損はありません。きっとそこから学べることがあるはずです。

 

ではまた。