ナニモノブログ

大学卒業が半年後にせまるも、就職も決まっておらず、何をしたいのかもわからず日々悩む大学生がブログを始めてみました。

初めての一人暮らしで失敗したこと

 こんにちは。

げんのすけです。

 

私ごとですが2018年の4月から初めての一人暮らしを始めたわけですが、その中で失敗したなあと思ったことを少しお話したいと思います。

これから一人暮らしを始めようと思っている方に少しでも役に立てればと思います。

 

 

まず失敗したなあと思ったのが部屋の位置です。私の部屋は1階の1番道路に近い部屋です。家賃が32000円で、水道代、ネット無料と大学生の私にとってはかなりお手ごろな値段。内装も今回リフォームするということできれいでなにも迷うことなく決めました。

親からは日当たりはいいの?とか防犯上大丈夫か?とかいろいろアドバイスされましたが、初めての一人暮らしにわくわくしていた私は、そんなこと全く聞くことなく家賃と、部屋の内装がいいというだけで決めてしまったのです。

 

そして半年たった今・・・

正直引っ越したい・・・

まず問題だったのが1階の1番道路側ということで、窓が開けれない。

これが結構きつくて、風通しよくしたいのに、洗濯物干したいのに、できない。

空気がなんか悪いから窓開けたい、けどできない・・・。

いや開けてもいいんですけど、外から全部丸見えなので、さすがにそんなことできないですよね。

あと騒音。最近はないんですけど引っ越してきて始めの方は工事の音とかがうるさくて朝工事の音とかで目覚めるとかありましたね・・・。

 

で、それだけじゃない。部屋の位置による弊害。

 

一番困ったのは上の階の騒音

これが最悪で、引っ越してからすぐに判明しました。まず私の住んでいるところは外から見るとわかるんですが1階と2階の間の床?壁?が薄いということがわかりました。その影響でただでさえ生活音が結構響くんですね。まあ上の人が気をつけてくれればある程度なんとか抑えられるとは思うんですが、その上の住人が最悪だったんです。

夜中でも床をドタドタと音を鳴らし、部屋のドアは思いっきり閉める。その住人がドアを閉めるときは音がでかいので身構えていましたからね。ほんとうにうるさくて、住み始めて1週間で引っ越したいと思いましたね。

 

あまりにもうるさいので対策をネットで調べ、とりあえず管理会社に電話してなんとかしてもらえるようにお願いしました。これで何とかなるかなと思い、しばらく様子を見てみましたが、全くよくなる気配がない。しかもこの住人への苦情は、私だけではなく、2階に住むおばあちゃんも困っているみたいで、私と同様に管理会社に電話を入れたみたいでした。

 

その後も何度かその困っているおばあちゃんと私は管理会社に電話して、最近やっと少しおさまってきたように感じます。私が慣れてしまっただけかもしれませんが・・・。

 

この上の階の騒音とかに関しては引越してからじゃないとわからないところもあるので難しいですが、次引っ越すときは最上階、もしくは音があまり響かないところを選びたいと思います。

 

あとおまけでひとつ。これは当てはまる人あまりいないかもしれないので飛ばしてもらってもかまいません。

私が引っ越すとき、ちょうどリフォームしたてということは先ほど話したと思いますが、私が仲介業者と話をしていたときは、まだリフォーム中だったんですね。

 

ですが、早く一人暮らしを始めたかった私は、できれば早く住みたいです!という意向を伝えたんです。すると、業者の方も急いでくれたみたいで、思ったよりも早く住み始めることができました。

ですが、その急いでもらったからなのか、部屋の中は欠陥だらけ。シャワー室のドアノブが取れたり、トイレのドアが引き戸なんですが設計ミスなのか固くて開けにくかったり、流し台で水漏れしてたり・・・。もうほんとひとつひとつ電話かけるのがめんどくさいくらいいろいろ欠陥がみつかったんです。

 

結局今も修理してもらっていません。電話するのがめんどくさくて。

そのリフォーム業者がもともとそういった手抜きをする業者なのか、それとも私が急がせたからそうなったのかはわかりません、あたりまえですが、部屋はしっかり隅々までみましょう。あと業者を急がせるのもやめたほうがいいかもしれません。

 

いかがだったでしょうか。まあいろいろ書きましたが、言いたいことは、

①部屋選びは慎重に

②1階の1番道路側はやめとけ

ってことです。

あとはそこに住む人たちが常識ある人だといいですね。

 

この記事が少しでも一人暮らし始める人の助けになれれば幸いです。

 

では、また。