ナニモノブログ

大学卒業が半年後にせまるも、就職も決まっておらず、何をしたいのかもわからず日々悩む大学生がブログを始めてみました。

本当にお金が無いときすべきこと

 

どーもげんのすけです。

今回は、今現在も金欠学生生活を送っている私が本当にお金がないときどうして乗り切ってきたかをお話します。

 

 

日雇いバイトをする

まず思いつくのが日雇いバイト。報酬がその場でもらえるものもあれば、振込みのものもありますが、比較的すぐにお金が手に入ります。また、基本的にはその日限りの仕事なので、人間関係に苦しむことも少ないです。

仕事内容は様々ですが、私がしたことのあるものでいえば、イベント設営や、倉庫でのピッキング作業があります。倉庫での作業はおすすめしません。初めて入ったのにも関わらず、説明はほとんどされず、周りを見て動け!という感じで人使いも荒く、休憩も昼に1時間だけ、猛暑の中で倒れそうでした。これだけは二度としたくないバイトですね笑

 

 

不要な物を売る

現在ではリサイクルショップに加え、メルカリオークションなど自分で出品できる方法も増えました。不必要なものがあれば売ってしまいましょう。リサイクルショップなどで買い取ってもらうより、少し手間はかかりますがメルカリやオークションなどでは高く売れます。

 

 

家族、友達に借りる

家賃の支払いやクレジットカードの支払いで今すぐにお金がいる!という人はまずこれですね。題のとおり、説明不要ですね。できれば家族から借りるのが一番です。友達とのお金の貸し借りはどれだけ仲良くてもトラブルのもとですから、気をつけてください。私は友達に借りたことも、貸したこともありますが、誰にいくら借りた、貸したというのは必ず記録に残しています。これで貸し借りを忘れてしまったということにはならないので、トラブルの可能性を低くすることができます。

家族や友達の信用ってほんとうに大事なので、これからも良い関係を続けたいのであれば、しっかり計画を立てて返しましょう。

 

 

クレジットカードを使う

最後になりますが、これは正直禁じ手のようなものです。バイト代では間に合わない、お金も借りれないとなれば、これしかないと思います。まず前提として、私がまだ学生ということで、キャッシングが使えないということをご理解ください。

学生でもキャッシングは使えないことは無いのですが、親へわかってしまう、ということや、バイト先への連絡がいく場合もあり、穏便にお金が準備できないのです。

そんなときの魔法のカードクレジットカードです。これは学生でも作ることができ、もっている方も多いと思います。

すぐにお金がほしいときのクレジットカードの使い方ですが、少し私の経験を話させていただきます。

 

私がほんとうにお金がなかったとき、ある大型リサイクルショップに行きました。そこではいろんなものが取り扱われていて、買取価格が新品なら私たちが店頭で買う価格に近いものがありました。具体的にいうならゲーム機本体とかです。そして私はひらめいたんです。家電量販店でゲーム機を買ってそのまま売りにこようと。その家電量販店ではもちろんクレジットカードを使います。そのときはたしかPS4がいい値段で買い取ってくれたので、PS4を買い、そのまま売りました。すぐに2万ほどが手に入りました。

 

もちろん来月のクレジットカードの支払いに追加されるのですが、その場ですぐにお金が必要な場合の方法としてはいいと思います。ですがこの方法は最終手段なのであまりおすすめはしません。今はPS4も値段が下がり、買うときの値段と買取の値段に差が生まれてきたからです。その差額が手数料と考えると結構な値段になります。自分で他に差額の小さな商品を探してみるといいかもしれません。こんな方法もあるよという感じで頭の片隅に置いておいてください。

 

あとは二十歳以上の方は飲み会とかありますよね。友達との飲み会で、お会計の集金役を自ら引き受け、支払いをクレジットですると、その友達の飲み代分が現金として手に入ります。(お金が無いなら飲み会に行くなという声が聞こえてきそうですが・・・)

友達にお金がないからクレジットカードで支払わせてほしいということを伝えておくと大体協力してくれます。私は毎回それを伝えて協力してもらってます。

 

どうでしたか?当たり前といえば当たり前のことを書いてきましたが、やはりお金に困る前にしっかりとしたお金の利用の計画と管理が大事だと思います。

私のようにお金の管理が苦手な人のお役に立てれば幸いです笑

ではまた。