ナニモノブログ

大学卒業が半年後にせまるも、就職も決まっておらず、何をしたいのかもわからず日々悩む大学生がブログを始めてみました。

大学生が若ハゲに苦しんだ話

みなさんこんにちは、げんのすけです。

 

今回は現在大学生である私が、大学入りたてのころ悩んでいた若ハゲについて語りたいと思います。

 

まず私が少し周りの人より髪が薄いと実感するようになったのは、高校生までさかのぼります。私が良く遊んでいた友達に、ある日

「お前、ハゲてね?笑」

と言われたんです。確認してみると、確かに頭頂部が薄くなっている気がしました。

それからというもの仲のいい友達にはそれでいじられ続け、私はそれを気にして毎日鏡を見る日々。そうこうしているうちに、高校生活は大学受験失敗とともに終わりを迎えました。

 

舞台は浪人時代、私はある予備校に通いながら、つらい毎日を送っていました。勉強一色の一年間。カレンダーに×をつけながら毎日を消化していきました。

私の通っていた予備校は、変わり者?が多く、勉強はつらかったですがおもしろい友達が何人もできました。つらい浪人時代でしたが、それだけは一生の財産になりました。

さて、その予備校ではハゲいじりとかはなかったんですが、進行しているのは自分でもわかりました。頭頂部あたりから前頭部というんでしょうか、かなりボリュームがなくなってきました。額のところはあまりきていなかったので、M字になる心配はなさそうでした。

 

そして大学時代。無事浪人一年目で大学合格を果たした私は、希望に満ち溢れた大学生活をスタートさせることとなりました。

初めてのことばかりで、新鮮な大学一年目の生活は、何もかもが楽しく思え、つらい浪人時代を耐え切ってよかった!と思っていました。

 

サークル勧誘に沸く大学のキャンパス内を歩き、私はバンドサークルに入ることを決めました。もともとカラオケが趣味だったので、ボーカルをしたいと思っていたのです。

そのサークルでは一年早く入っていた高校時代のクラスメイトもいたので、すんなりとなじむことができました。

 

迎えた最初の新歓ライブ。私は無事出番を終え、初めてのライブで緊張と興奮と、楽しさで味わったことの無い気持ちに浸っていました。

その夜、新入生を歓迎した食事会が行われ、そこで改めて自己紹介が行われました。

 

数人の新入生があいさつを終え、私の番が回ってきました。元気よくあいさつと自己紹介を終えた私に、ある先輩から

ちょっとハゲー!

という野次がとんだのです。サークル全員の前で・・・。

 

このときの私は、よく覚えていませんが、この先輩を死ぬほど恨みました。このサークルやめてやろうとも思いました。入ってすぐの笑いもわからない一年生にあれ言いますかね。

 

それからというもの、大学では常に髪の毛の状態を確認し、女子より鏡を見る回数は増え、次第に勉強など手につかずに、学校に行かなくなりました。

その程度で?って思う人もいると思います。でも、悩んでる当本人は、周りの何倍も気にしているんです。

 

 

 

私は泣いていました。ある夜、私は母親に長年ハゲに悩み、大学でハゲと言われ傷つき、毎日髪を気にして大学にもいけなくなったことを話しました。普段泣かない私の姿を見て、母は治療を受けることを進めてくれました。

少し調べると、私のハゲはおそらくAGAだろうというのはすぐにわかりました。そして、AGA治療に実績のある病院に行くことになりました。

 

カウンセリングを受け、当然のようにAGAの診断を下され、治療の概要を説明されました。そのときはどれほど普及していたのかわかりませんが、HARG療法と呼ばれるものでした。簡単に説明すると、頭に成長因子を注入し、発毛を促進する、というものです。

それに加え、AGAの原因をフィナステリド(プロペシア)で抑制しミノキシジルタブレットで育毛、髪の栄養を、サプリメントで補っていくという治療を、半年間続けました。

 

費用はモニターだったので少し安くはなったものの、約60万ほど。

本当に両親に感謝です。私も子供が本当に困っているときに助けてあげられる親になりたいなあ・・・。

 

治療中は、初期脱毛を乗り越え、少しずつ髪が生えているのがわかりました。モニターとして治療していたので病院に行くたびに写真をとられ、自分でも確認すると生えている実感がありました。プロペシアとミノキシジルもかかさず、ふさふさを夢見て毎日を送っていました。

 

月日は流れ、半年後、私の髪は見違えるようになっていました。完璧にフサフサというわけではないですが、もともとの髪質天然パーマの助けもあり、セットすればハゲとは全くといっていいほどわからないと思います。モニターで治療を受けたのでネット上に写真もあるんですが病院の許可をとってないので使っていいのかわからず、すみません。

 

その治療後もプロペシアとミノキシジルは飲み続け、1年、2年するとさらに髪の状態は良くなっていきました。

それからは、髪の心配をすることなく、楽しく大学生活を送ることができています。

最新医療と、両親に感謝です。

 

若ハゲに悩んでる方、ネットが発達してきている今だからこそ、情報はいろんなところに転がっています。その取捨選択は自分でしなければなりませんが、今では病院でもAGA、薄毛、若ハゲに精通しているところもあります。

悩みすぎる前に一度カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんよ。

 

では、また。


【第1類医薬品】 リアップジェット (100mL) ※要メール返信 薬剤師からのメールをご確認ください リアップ/りあっぷ/発毛/育毛/抜け毛 大正製薬